身体の不調は足裏から!新感覚!足裏からボディメイク!

ニューゲートパーソナルジム

営業時間 8:00~21:00


【筋トレ】 マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングの違いとは?

皆さんこんにちはニューゲートパーソナルジム、 パーソナルトレーナーの栗林です!

最新動画はYouTube「くりくん」 NEW GATEパーソナルジム からご覧ください♫

youtubeチャンネルはこちら!

ジムに行くとダンベル、バーベル、 マシンが置いてあると思います。

トレーニング上級者の場合は自分自身でどの種目を選択すれば良いのか、何をやれば効率が良いのかなどわかると思いますかトレーニング初心者の場合はどの種目を選択またはダンベル、バーベルが良いのかマシンがいいのかまずその段階で悩んでしまう方も多いと思います。

また女性の場合はフリーウェイトエリアに入るのが気まずいと言う方も中にはいらっしゃいますよね。

ですがフリーウェイトには様々なメリットもありますので、今回はこの内容ご覧いただいてぜひ理解していただければと思います。

フリーウェイトの特徴

フリーウェイトは、前後左右自由に軌道を動かすこともできるトレーニング、バーベルやダンベルののこを指し軌道が安定していません。

軌道が安定していないため、自分自身でバランスを取らないといけなくなりそこで様々な小さな筋肉も使われます。

フリーウェイトでは上記の理由から鍛える部分以外の筋肉も使われており、それらの筋肉をスタビライザーといいます。

スタビライザーとはバランスを取るために使われる筋肉のことであり、フリーウェイトトレーニングではこのスタビライザーも一緒に鍛えることが特徴の1つです。

マシントレーニングの特徴

フリーウェイトと比べてマシントレーニングではトレーニング中にケーブルによる摩擦が生じます。

摩擦によってマシンを上げるときに負荷が大きくなり、下ろすときに小さくなると言う特徴があります。

しかしマシントレーニングはフリーウェイトと比べて起動が安定しているためあまり多くの筋肉は使なくても動作を行うことができます。(先ほどご紹介しましたスタビライザー、小さな筋肉)

一方で動きが安定しやすいため筋肉の動きに集中でき、またフォームの習得もフリーウェイトに比べて簡単と言うメリットがあります。

下半身の種目のマシンで行うレッグプレスとフリーウェイトで行うスクワットを比較をしますとマシンでのレッグプレスの方がバランスを気にしまくてもいいので安全かつ簡単と言えます。

フリーウェイトの注意点

フリーウェイトトレーニングの場合は前後左右自分自身でバランスを取らないといけないと言う事ですので、安全面に気をつける必要が大事です。

また誤った方向に関節が曲がる場合がありさらにウエイトによって過剰に関節が開いてしまう場合もありますので注意しましょう。

もしご自身が危険だなぁと思った場合は無理に立て直すのではなく、バーベルやダンベルを放り投げることをお勧めいたします。

ですのでその場合は周りに人がいないかを確認してから行うようにしましょう!

マシントレーニングの注意点

マシンを使用したトレーニングは筋肉への刺激に集中できると説明しましたか、自分の体格に合うマシンを使用しないと狙って筋肉に効かせることが難しいと言うこともいえます。

ほとんどのマシンは海外製のマシンであるため外国人の体の大きなサイズに作られていることが多いです。

そのためマシンのアームの長さなど既にサイズが決まっており、体格の小さい男性や女性の場合だと体格に合わないこともあります。

自分の体格に合ったマシンでのトレーニングは効果的ですがそうでない場合は、ジム内に置いてあるパット等を置いて調整してみましょう!

またトレーニング自体に慣れてきますとマシンではなくフリーウェイトトレーニングも組み込みながらトレーニングを行うことでさらに効果を得やすくなります。

まとめ

フリーウェイトでは小さな筋肉バランスを取るための筋肉スタビライザー筋のトレーニングも可能!

マシントレーニングでは 起動が決まっていますのでフォームの習得や狙った筋肉を意識しやすい!

フリーウェイトでもマシントレーニングでも安全面には気をつけましょう!

今回もご覧いただきぜひご参考にしていただければ幸いです。

 

 

人気記事

最新記事