身体の不調は足裏から!新感覚!足裏からボディメイク!

ニューゲートパーソナルジム

営業時間 8:00~21:00


筋トレと朝食の関係

身体作りの基本はトレーニングと食事と睡眠と言われていますが皆さんはしっかりとできていますか?

例えばダイエットを目的とする方の場合は食事の量を減らしたりされると思います。ですがそれは体にとって良いのでしょうか?

そして朝食を食べないと言う方もいらっしゃるのですが朝食を食べない場合、身体はどのようになってしまうのか今回は解説いたします。

朝食なしの筋トレはNG

睡眠時はタンパク質だけでなく糖も消費されるため、朝は体内で糖が不足している状態です。

糖が不足すると脳にも栄養が回らなくなるほか、体内に栄養を届けるインスリンも分泌されません。

そのため筋肉に栄養が行き渡らずトレーニングの効率も低下してしまいます。

タンパク質も重要

忙しさを理由に朝ごはんをコーヒーやパンなど簡単なもので済ませている方は、栄養素が脂質と糖質に偏りがちでタンパク質が不足しています。

このような場合はゆで卵を追加したり、プロテインを追加したりして必要なタンパク質をしっかりと補いましょう。

朝ご飯+タンパク質

午前中に筋トレをする、朝食にしっかりとタンパク質をとるのがお勧めです。

朝食だけですかタンパク質の量が少ない場合があるため早い時間帯に筋トレをするならタンパク質の食材またはプロテインを併用してしっかりと補いましょう。

トレーニング前にオススメなメニュー

運動中は極端に消化能力低下してしまいます。

そのため筋トレ前に多くの量を食べてしまいますと胃腸の負担になってしまう可能性があります。

午前中にトレーニングをする場合は朝食では資質は抑え消化のしやすいものを摂取したいですね。

食後から筋トレまでのタイミングを考える

筋トレは食事を終えてから約2時間後に開始するのが理想です。

例えば午前11時にトレーニングをする予定なら午前8時には朝食を終えておきたいですね。

プロテインを摂取する場合もトレーニングの開始時間と体内に吸収されるまでの時間を計算に入れ、トレーニング開始の約1時間前に摂取しておきましょう。

吸収速度の速いホエイプロテイン

プロテインを摂取する場合はソイプロテインよりもホエイプロテインの方が体内に吸収されるスピードが早いのでオススメになっております。

まとめ

トレーニングで筋力アップを目指している人、腰痛、膝痛の改善のために筋肉をつけたい方の場合は、朝食からしっかりと朝ごはん+タンパク質を摂取しましょう。

食事だけでタンパク質が取れない場合や午前中にトレーニングを行う場合は吸収速度の速いホエイプロテインを活用するのがオススメです。

今回もご覧いただきぜひご参考にしていただければ幸いです!

 

人気記事

最新記事